「叱らない子育て」果たしていいのか、悪いのか

この記事「しつけが脱線! その意外なスタート地点」の最後の方で触れた、「叱らない子育て」。

そこでは、叱らない子育てをする場合は、正しい知識を持って取り組むことがポイントということをお伝えしました。

叱ること自体がママのストレスになっているケースは多く、それもあって、「叱らない子育て」というのは、魅力ある響きです。

今の生活から、「叱ること」がなくなったら、どんなに楽だろうと思うママは多いと思います。だから、「叱らない子育て」という言葉を聞いたら、やりたくなってしまうのです。

子育てのメソッドは、そのネーミングを聞いただけでは、何をどうしたらいいのかが分からないものも多いです。たとえば、「○○式」「○○メソッド」などがそうです。

これらを実践する際は、本を購入するなり、ネットで研究するなりして、知識を持って、○○式に取り組もうとします。

一方、「叱らない子育て」というのは、その言葉を聞くだけで、簡単にイメージができてしまいます。

「叱らない子育てというのは、子どもを叱らないで育てる方法だろう」

と。そして、それをそのまま言葉通りに実践してしまうケースが多いのです。

 

でも、言葉通りに実践してしまったら、どうなるでしょうか?

その子は、世の中にはルールがあるものだということも学べないですし、ときには我慢も必要だという経験もできないでしょう。

そして、幼稚園や小学校の集団生活に入り、協調行動を求められると、そこになじめなくなってしまうのです。結局は、その子自身が困ってしまうのですね。

 

ここまでの流れで行くと、私は、叱らない子育てを反対しているように思えるかもしれませんが、実は私も、叱らない子育てを推奨している側にいます。

だからこそ余計に、叱らない子育てをする際は、しっかり知識を持ってやらないと危ないと感じています。

 

ということで、「叱らない子育て」がいいのか、悪いのかではなく、叱らない子育ての中に、いいやり方と間違ったやり方があります。

心理学を使った「叱らない子育て」は、ほめの力を使って子どもの行動を伸ばしていくので、「叱らない子育て」というよりは、叱らなくて済む子育てです。

起こっている問題に関しては、しっかり働きかけていく点で、“ただ黙認”の叱らない子育てとは全く異なります。

 

あるきっかけで「叱らない子育て」に興味を持ったら、他のメソッドと同様、しっかりとノウハウを学んでから取り組んでほしいと思います。

叱らない子育て自体は、子供の自己肯定感を傷つけずに行動改善に取り組むことができる、とてもおすすめの方法です。

 

 

 

 

子育て心理学を学びたいママ向け

講座や自学習教材など

 

子育て心理学で相談したいママ向け

個別の育児相談やストレス診断など