ガミガミ叱ると、余計に言うことを聞かなくなる理由

ママ:「テレビを消して! ごはんだよ」

子供:「はーい」

でも実は、空返事。よくありますね。

ちゃんと子供に言ったのに、言うことを聞かないと、ママの声のトーンはだんだん大きくなっていきます。そして、いつもの、ガミガミ叱る、くどくど叱るというパターンに……。

実は、ママのガミガミ叱りが、子供を喜ばせてしまっている場合があります。

このパターンは、ゲーム、テレビ、ネット動画の連続再生など、子供が夢中になってやっていることを止めさせたいときなどに起こりがちです。

たとえば、ママが、ゲームを止めない我が子に対し、くどくどと叱っている場合。ママがお説教をしている横で、まだゲームを続けることができていたら……?

ゲームをやりたくてたまらない子にしたら、「結果的にはいつもより長い時間ゲームができた、叱られてラッキー♪」と思えてしまうのです。そして、ラッキーなパターンは、繰り返されるようになります。

これが、ガミガミ叱ると、余計に言うことを聞かなくなる理由です。

 

子供の行為を止めようと叱っているのにもかかわらず、ママが長々と叱っている間中、子供が止めるべき行動を続けられていては意味がありません。ママがエネルギーを使ってせっかくの叱っているのに、疲労するのはママばかりで逆効果です。

意外と見過ごされているのが、「叱られることは、必ずしも子供にとって、負の圧力ではない」という点です。親からしたら、「そんなはずはない」と感じますが、必ずしもそうではないのです。

テレビやゲームに夢中になっている子にとっては、ママの延々と続くお説教は、聞き流すことができるBGMです。だから冒頭の”空返事”が出没するわけです。

長く叱ることが、逆に子どものメリットになりうることを意識し、短く叱ることを心がけていきましょう。

 

 

 

*最新のイベント・活動のご案内*

 

子育て心理学を学びたいママ向け

講座や自学習教材など

 

子育て心理学で相談したいママ向け

個別の育児相談やストレス診断など